JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

シーズン到来、JR線乗り放題!青春18きっぷを徹底解説③ 東京→大阪

こんばんは。鳳紹院です。

 

では、実際に青春18きっぷを活用したルートを見ていきましょう。

 本日は、実際の利用者も多いと思われる。東京→大阪を見ていきます。

 

 

【どういうルートになる?】 

東京→横浜→熱海→三島→静岡→浜松→名古屋→米原→京都→大阪

というルートです。

・だいたい9時間程度の所要時間(途中下車するともう少し見込みが必要)

・乗り換え目安は5回程度

静岡県内が思いのほか長く感じる。

さすが天下の東海道本線だけあって、全線にわたり1時間に2本程度の本数が確保されているので、“これに乗り遅れると到着できない”といった致命的な影響がある区間はなく、朝東京を出発して、もし2回くらい途中下車してもその日のうちには十分たどり着けます。そのため、鉄道旅行初心者でもお試ししやすいと思われます!

【それぞれの区間を見てみよう!】 

この区間は、大きく4区間に分けられます。

①東京~熱海間の東京近郊区間

②熱海~豊橋静岡県区間

豊橋米原の名古屋近郊区間

米原~大阪の関西区間

①はJR東日本、②③はJR東海、④はJR西日本と、会社も分かれます。

 

【①東京~熱海】

●所要時間:東京~熱海 1時間半~2時間程度

●本数:1時間に4本程度

東海道線15両編成の普通電車や快速アクティ―号に乗ることになります。

大半は通勤電車と同じロングシート車両ですが、端の数量はクロスシートの車両となっ

ています。また、車両中間には自由席グリーン車が2両ほど連結されていますので、リ

クライニングシートに持たれながら熱海まで行くのも良いでしょう。

(※グリーン車は+780円で乗車できます。お得です!)

ただ、最初に楽をすると静岡県内が苦行になってしまうかもしれません・・・。 

熱海駅での乗り換えの際、車両中央部に近い所にいた方が、乗り換えの際、楽かと思われます。

 

f:id:shouinhoo0314:20181226000549j:plain

根府川駅にて

 

【②熱海~豊橋

ようやく静岡です、3時間くらいかかります。意外と長いです。

●所要時間:熱海~静岡 1時間20分程度、静岡~浜松 1時間10分程度、

       浜松~豊橋 35分程度

●本数:1時間に3本程度

この区間は、だいたい1時間に3本程度が運転されています。ここから編成が一気に短く

なり、3両~6両程度となります。普通列車ロングシートとなりますので、駅弁を食べ

たい・・というような方にとってはつらいかもです。ただし、車窓はなかなかのもの

で、進行方向右側には富士山が見えたり、浜名湖が見えたり、茶畑が広がったりと、

様々な景色を眺められます。

基本的には、三島、静岡、浜松あたりで2回程度乗り換えが必要だと考えておいたほうが良いです。

 

以下、座席を確保するためのワンポイント情報です。

ケース1:熱海で乗り換えた列車が沼津行きにだった場合

沼津終着の列車がありますが 、この場合は1駅手前の三島で乗り換えた方が良いです。

この場合、乗り換えの列車は大半の列車が三島始発となっており、こちらで乗り換えた

方が座れる可能性が高まるためです。(ごくまれに沼津始発の列車があるので、必ず時刻

表で確認しましょう。)

 

ケース2:熱海もしくは三島で乗り換えた列車が静岡行きもしくは島田行きだった場合

静岡で乗り換えても良いのですが、乗降自体が多いのでピーク時は座席の確保が困難と

なるかもしれません。乗り換え列車が静岡の数駅手前の興津始発のものが多数あります

ので、そちらで乗り換えて確実に座席を押さえる手もあります。

 

まあ、ちょうどお昼時にもなりますので、静岡駅や浜松駅で食事をとっても丁度良いか

もしれません。浜松餃子、うなぎ、静岡おでん、色々あります。

 f:id:shouinhoo0314:20181225235417j:plain

浜松駅にて、浜松餃子です。

【③豊橋米原

ここから愛知県です。この区間はさらに二つに分けられます。

豊橋~大垣

●所要時間:1時間30分程度

●本数:1時間に4本程度

この区間は新快速や快速が15分に1本程度走っていて、編成も再び長くなります。ロン

グシートから変わって転換式クロスシートとなりますので、多少は快適さが上がるかも

です。名古屋で途中下車して味噌カツきしめんやひつまぶしを食べるのも良いかもし

れません。

f:id:shouinhoo0314:20181228202755j:plain

名古屋地区で快速として活躍する313系電車

 

〇大垣~米原

●所要時間:30分程度

●本数:1時間に2本程度

大垣~米原間は、がくっと本数が減り、30分に1本となり、編成も3両程度となりま

す。かの有名な関ケ原を越えます。恐らく沿線でもっとも人口が少ない区間でしょう。

ちなみに、週末中心に、浜松~米原間直通の新快速もありますので、乗り換えを極力減

らし、楽をしたい場合は一考です。

 

ちなみに、米原北陸本線も分岐する交通の要衛ですが、駅の周りは何にもありません。

 

【④米原~大阪】

●所要時間:1時間30分程度

●本数:1時間に4本程度(新快速・快速併せて)

ここからは、JR西日本区間となります。

30分に一本程度運転されている新快速に乗車すれば、1時間半程度で大阪まで到着できます。

 ここから編成も12両となりますので、よほどのピーク時でなければ座れる可能性が高

いです。12両のうち、前8両は米原始発の編成、後ろ4両は敦賀から直通してくる列車と

なることが多いですので、前8両のうち、より京都寄りの編成の方が空席がある可能性

が高いでしょう。もしも空席がない場合は、快速に乗車するのも手です。

米原まで到達する頃には、だいぶ疲れがたまっていると思われますので、クロスシート

でひと眠りするのも良いですし、外の景色を眺めるのも良いでしょう。

 

f:id:shouinhoo0314:20181226000948j:plain

新快速電車225系

 

参考までに、東京を8時過ぎに出発した場合の一例を以下に示します。

①途中下車をしない場合ですが、これはなかなかきついですね。 

東京08:38発 普通熱海行     熱海10:29着
熱海10:33発 普通島田行     静岡11:47着
静岡12:03発 普通浜松行     浜松13:15着
浜松13:20発 普通豊橋行      豊橋13:55着
豊橋14:02発 快速大垣行      大垣15:32着
大垣15:37発 普通米原行      米原16:12着
米原16:17発 新快速播州赤穂行 大阪17:42着

 

②浜松で一時間途中休憩取った場合。このぐらいが妥当かなあ・・。

東京08:38発 普通熱海行    熱海10:29着
熱海10:33発 普通島田行    静岡11:47着
静岡12:03発 普通浜松行    浜松13:15着
浜松14:20発 普通豊橋行    豊橋14:54着
豊橋15:02発 快速大垣行    大垣16:32着
大垣16:37発 普通米原行    米原17:12着
米原17:17発 新快速播州赤穂行 大阪18:43着

 

ではでは。

次回は別の区間のモデルコースを紹介します。