JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

シーズン到来、JR線乗り放題!青春18きっぷを徹底解説①

また『青春18きっぷ』のシーズンになってきましたね
数回に分けて徹底解説したいと思います。

 


青春18きっぷとは?】


日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席に乗車できる切符で、
価格は11,850円(おとなこども同額)で、定められた期間内の5日間使用可能です。

5日間の一人旅に使うもよし、
2日間の二人旅で使って、残り1日分は一人旅に使うもよし
5人での日帰り旅行に使っても良しという、使い勝手の良い便利なきっぷです。

 

【発売期間・利用期間は?】

本年は以下の様な設定となっているようです。
(春)発売期間:2018年2月20日(火)~2018年3月31日(土)
   利用期間:2018年3月1日(木)~2018年4月10日(火)
(夏)発売期間:2018年7月1日(日) ~2018年8月31日(金)
   利用期間:2018年7月20日(金) ~2018年9月10日(月)
(冬)発売期間:2018年12月1日(土) ~2018年12月31日(月)
   利用期間:2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木)

 

青春18きっぷの利用可能区間は?】

 基本的にはJR全線のみで、私鉄・第三セクターの路線は使用不可ですが一部例外的に乗れるところがあります。2010年以降、東北新幹線が開通したり、北陸新幹線が開通したりして新たに経営分離された区間もあるからか、最近は少しややこしくなっています。

 JRの鉄道全線、JR西日本宮島フェリー(宮島口駅~宮島駅)のみ利用可。
私鉄・第3セクター運営の路線は利用不可、別途運賃が必要。
 

第三セクターだが利用可能な区間について】

 ・青い森鉄道の特例区間
 青森~野辺地~八戸間を通過利用する場合だけは追加料金なしで乗車可能、また この3駅だけ途中下車可能です。

これは、2010年の東北新幹線新青森開業後、野辺地~大湊間の大湊線がJRの飛び地路線となってしまったため、八戸や青森からそちらに向かう人向けの救済措置でしょう。


IRいしかわ鉄道の特例区間
金沢~津幡間を通過利用する場合は追加料金なしで乗車可、また、この2駅だけ途中下車可能です。

この区間2015年の北陸新幹線が開通後に経営分離された区間です。恐らく、七尾線の列車が金沢駅始発であるため、七尾線に向かう場合に追加料金なしで利用できるようにした措置かと思われます。


・あいの風とやま鉄道の特例区間
高岡~富山間を通過利用する場合は追加料金なしで乗車可、この2駅だけ途中下車可能です。

この他、東京メトロ千代田線の北千住~綾瀬間、JR七尾線のと鉄道七尾線の重複区間(七尾~和倉温泉間)についても、利用可能です。

第三セクターなので利用できない区間について】

東北本線北陸本線信越本線鹿児島本線には、東北新幹線北陸新幹線九州新幹線の開業によってJRから経営分離された区間があります。こうした区間では別途運賃が必要となります。


盛岡~八戸間(IGRいわて銀河鉄道青い森鉄道

軽井沢~篠ノ井長野~直江津間(しなの鉄道えちごトキめき鉄道

直江津~富山~金沢間(えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道
(但し、高岡~富山間、金沢~津幡間については、先述の通り通過利用の場合は追加料金なしで利用可能です)
・八代~川内間(肥薩おれんじ鉄道

 

第三セクター線等をまたぐややこしい区間について】

上記以外にも、特に従来JRだった路線が経営分離されてしまい、支線が飛び地路線となってしまっているような路線を利用する場合は、注意が必要です。

 

花輪線

 盛岡駅始発となりますが、盛岡駅好摩駅間が、IGRいわて銀河鉄道となるため大人650円が追加で必要となります。 

伊勢鉄道 

名古屋から鳥羽方面に向かう、快速「みえ」 を利用する場合、原田駅~津駅間が伊勢鉄道経由となるため、大人510円が追加で必要です。 

飯山線

飯山方面に向かう場合、長野駅始発となりますが長野駅豊野駅しなの鉄道北しなの線となるので、 大人250円が追加で必要です 。

常磐線 (緩行線)
西日暮里駅北千住駅については東京メトロ千代田線となるため、大人170円で必要がとなります。

伯備線
清音駅総社駅間はJRと井原鉄道の重複区間であり、双方の列車が走っていますが、こちらはJRの列車のみ利用可能です。

予土線

宇和島方面の列車はすべて窪川始発ですが、窪川駅~若井駅が土佐くろしお鉄道線となるため大人210円が追加で必要です。

特定地方交通線として旧中村線土佐くろしお鉄道第三セクター化された際に、窪川~若井間が中村線扱いだったために起きた悲劇とも言えます。)

筑肥線

唐津方面からの列車は、博多駅福岡空港まで直通していますが、姪浜以東は福岡市営地下鉄となりますので、姪浜駅博多駅間などを乗り通す場合は大人300円追加で必要となります。 

 

今回は、北海道に行く場合の注意点についても解説します。

【北海道に行く場合の注意点、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券】

従来、青春18きっぷ津軽海峡線経由で北海道に向かう場合は、青森~函館間に快速列車が走っていたり、その廃止後は蟹田木古内間で特急「白鳥」「スーパー白鳥」に18きっぷのみで乗車できるなどの特例措置がありましたが、2016年の北海道新幹線開業によって、従来在来線であった津軽海峡線は新幹線となり、これまでのように18きっぷのみでは移動できなくなりました。そこで救済措置として、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(1枚2300円)を別途購入すれば、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅木古内駅間と道南いさりび鉄道線木古内駅五稜郭駅を、片道に限り利用可能なようになりました。

 

このオプション券、確かに時短にはなるのですが、正直な所使い勝手があまりよろしくありません。もしも、青春18きっぷJR北海道JR東日本管内のエリアしか移動しないのであれば、北海道・東日本パス を活用したほうが、もっと利便性高く、時短で旅ができます。(後日、別記事で紹介します)

 

以下、使用上の注意点を記します。

 

・当たり前だが、オプション券単体では利用不可。
あくまで利用日当日の青春18きっぷがある場合に限ってオプション券は有効となります。そしてオプション券の有効期限は当日のみです。

・乗り放題ではない、あくまで片道一回きり。
青春18きっぷであれば何度でも乗り降りできますが、オプション券はあくまで、当該区間を片道1回だけ利用可能となるのみです。乗り放題ではありません。

北海道新幹線は立席利用となる
 北海道新幹線は全車指定席のため、乗車後に空席があれば普通車に限って着席可能となります。原則は立席となります。
※まあ、ここは時間が30分弱と短いので、万一座れなくてもそこまで大きな影響はないでしょう。

道南いさりび鉄道線内で途中下車は不可。

 途中下車は北海道新幹線道南いさりび鉄道線の乗換駅である木古内駅のみです。もし途中下車した場合は乗車区間の運賃を払う必要があります。


・列車の本数が極めて少ない
ここが最も困るかも・・・です。在来線や木古内駅奥津軽いまべつ駅に停車する北海道新幹線の本数は非常に少ないので。乗り換え列車の接続をきちんと調べておかないと、痛い目にあいそうです。奥津軽いまべつ駅に停車する列車はわずか7本、そして接続する津軽線津軽二股駅には普通列車は一日5本しか停車しません・・・。合掌。

北海道側の木古内駅でも8本です。そして道南いさりび鉄道については、本数は本州側よりは多いですが、新幹線と必ずしもスムーズに接続していないので、注意が必要です。

私だったら新青森~新函館北斗まで、別料金払ってでも新幹線乗ると思います。もしくは津軽海峡区間はフェリーに乗りますね。

 

【気分を変えて、リッチに行こう】

全車指定席の観光列車などであっても普通列車や快速列車であれば、

・普通車指定席券

・自由席グリーン券

ライナー券ホームライナーなど)

を別途購入すれば乗車可能となります。青春18きっぷの他に必要な切符をそろえればSLやトロッコ列車などの観光列車にも乗車可能です。リゾートしらかみやおいこっと号、湘南ライナーなどについては、普通車指定席に乗車可能です。

 但し、瀬戸大橋線快速マリンライナー号のグリーン車については乗車できません(グリーン車指定席のためです。普通車の指定席は利用できます。)

 

東海道線常磐線東北本線高崎線など、首都圏の普通列車には2階建てグリーン車が組み込まれていますが、このほとんどは自由席グリーン車であるため、自由席グリーン券を追加購入すれば青春18きっぷでも利用可能です。(ホーム上のSuica専用の券売機でも購入可能です。)

 

普通列車の旅は長旅になるので、ちょっとリッチな列車に乗って、息抜きすることは重要かもですね。

 

ではでは、本日はこのくらいで。