JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

【鉄道の旅】週末パスで乗車できる私鉄③ 山形鉄道

こんばんは、鳳紹院です。

 

週末パスを活用して乗車できる私鉄は、
福島交通上田交通会津鉄道しなの鉄道山形鉄道北越急行
長野電鉄阿武隈急行、えちごトキメキ鉄道、アルピコ交通(松本電鉄)
ひたちなか海浜鉄道鹿島臨海鉄道富士急行伊豆急行
と、15社にも及びます というのは、たびたび紹介の通りですが、

 

本日は山形鉄道線を紹介したいと思います。

山形鉄道線とは

山形鉄道は、山形県南陽市赤湯駅から西置賜郡白鷹町荒砥駅までを結ぶ路線で

フラワー長井線と呼ばれています。このフラワー長井線という名称は、沿線に花の名所が多いことが由来のようです。確かに、置賜は桜の名所として有名です。(東京近辺ですと、桜の時期にはJRの駅に青森の弘前城址や岩手の北上展勝地と並んで、置賜のポスターが張られたりしていました)

置賜さくら回廊/公式ホームページ

どんな路線?

当該路線は、1922年に全通し、国鉄長井線として営業していましたが、乗客数の低迷などから第三次特定地方交通線に指定され、1987年に第三セクターとして再出発し、今に至ります。

始点の赤湯駅は、山形新幹線も停車し、東京から2時間半程度でで到達できます。

写真はE3系つばさ号です。つばさといえば昔は銀色に緑のラインの塗装でしたが

いまはすべてこの塗装になってしまいましたね。

 

 

f:id:shouinhoo0314:20180606234423j:plain

鳳紹院は夏の時期に訪れましたが、夏の緑一色のなか
田園風景の中を一両のディーゼルカーが走り抜けていく様子が印象的でした。

 

終点の荒砥駅です、夏の午後の昼下がりですが、

このどことなくノスタルジックな雰囲気、良いですね。

ホームへの扉から差し込む午後の光が、よりそれを感じさせるのでしょうか・・。

f:id:shouinhoo0314:20180606234450j:plain

 

折り返しの列車に乗り込みます。

 

青空と、白い雲と、一面の緑の中に、たった一両の列車。

f:id:shouinhoo0314:20180607000228j:plain

このどこまでも、緑が広がる雰囲気、良いですね。

f:id:shouinhoo0314:20180606235631j:plain

 

そして、列車内には、

今は無き土曜ワイド劇場のロケの写真が貼ってあったり、

f:id:shouinhoo0314:20180606235919j:plain

 

こういうサインがあったり・・・。

f:id:shouinhoo0314:20180607000031j:plain

 

昔放送されていた、“笑神様は突然に”の鉄道BIG4が乗りに来たんでしょうね・・。

 

ちなみに、途中の今泉駅でJR米坂線にも接続しているので、米坂線に乗り換えて米沢駅にも行けますし反対の坂町駅(新潟県側)に抜けることも可能です。

(坂町まで行く便は本数が少ないので、要注意ではありますが・・・。)

f:id:shouinhoo0314:20180607000855j:plain

 

こういうときこそ、自由度の高い週末パスの本領発揮ですね。

 

ではでは、また次回は次の路線を紹介します。