JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

【鉄道の旅】週末パスで乗車できる私鉄① 長野電鉄

 

週末パスを活用して乗車できる私鉄・第三セクター鉄道

 

福島交通上田交通会津鉄道しなの鉄道山形鉄道北越急行

長野電鉄阿武隈急行、えちごトキメキ鉄道、アルピコ交通(松本電鉄)

ひたちなか海浜鉄道鹿島臨海鉄道富士急行伊豆急行

と、15社にも及びます。

首都圏から出かけて、いくつかの私鉄を往復乗車するだけでも8700円程度の元は取れてしまうので、乗り鉄をしたい方にとってはかなりお得になるのかと思います。

折角ですので、個性豊かな各私鉄を紹介してゆきたいと思います

 

長野電鉄線とは?

長野電鉄は、長野~湯田中駅間33.2キロを結んでいる鉄道です。

小京都といわれる小布施や、湯田中温泉を結んでいます。

意外にも(といってはいけないかもしれませんが)、地下駅からスタートです。

 

f:id:shouinhoo0314:20180604232709j:plain

こちら、小田急で2012年までロマンスカーとして走っていた10000系車両が

特急ゆけむりとして第二の人生を送っています。

 

また、昔成田エクスプレスとして走っていた

JR東日本253系も、これまた特急スノーモンキーとして走っています。

 

 

ロマンスカーの展望車はなかなか取れないと言われますが

こちらは自由席のようで、鳳紹院が乗車した際には、土曜日でしたが悠々座れました。

 

f:id:shouinhoo0314:20180604233504j:plain

f:id:shouinhoo0314:20180604233521j:plain

懐かしの車両がこうして残っているというのは、素敵ですね。

ちなみに、特急ですので特急料金が必要となりますが、わずか・・100円です。

非常にお得感があります。

終点の湯田中温泉は昔ながらの温泉地 という感じです。

f:id:shouinhoo0314:20180604233344j:plain

 

以下の長野電鉄ホームページにも、運行情報等が掲載されています。

今は車内販売等もあるようですね。

 www.nagaden-net.co.jp/special/yukemuri/

 

下りは長野駅を13:06発となっていますので、土曜日にゆっくりと都内を出発しても、十分間に合いますね。

 

他にも、様々な路線を紹介してゆきたいと思います。