半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑩

こんにちは、鳳紹院です。

 

さて、ダイエット論も終わりが近づいてきましたが、本日は体重管理をどう行ってきたかについて述べたいと思います。

ダイエットを行うにおいて、いろんな本などで言われているのが

・毎日決まった時間に測らないとダメ。...

という点ですが、これは半分あたりで、半分間違いかなと思います。

 

体重計に乗ろう。

 

まず、毎日体重計に乗り続けるという事は、重要だと思います。

日々、体重を確認することが、不用意なカロリーを摂取することに対する

抑止力になりますし、実際に体重が減っていれば、

その効果と喜びをはっきり認識できるためです。

 

時間は気にするな。

 

次に、決まった時間にという点については、気にしなくても良いのかなと思います。

ダイエット期間中においては、朝・夕ほぼ毎日体重計に乗っておりましたが、時間問

わず、その日のうちに一番低い体重を、その日の体重だと考えることにしていました。

また、運動後、お風呂後などでも体重が減っていない場合は、

少しでも低い体重が出るまで体重計に乗る

というような、一見不毛なこともやってました。

多少「間違いではないか?」というような低い数字が出る時もありますが、それでもその数字を確認することで、

≪少しでも減った→うれしい→ダイエット頑張る→また体重減る≫

というような好循環を作ることができるので、それでよいのです。

 

このように、≪摂生する・運動する→減る→喜ぶ→もっと頑張る→もっと減る≫という

良いスパイラルをうまく作り上げることが、ダイエットのモチベーションを維持する

うえで極めて重要となるかと思います。

記録しよう。

それと、レコーディングダイエットとよく言いますが、いちいち記録するのはめんどくさいものです。前日の数字は覚えているのですが、時間がたつにつれて何日が何キロだったかというのを次第に忘れて行ってしまうもの。そこで、

ある時期から体重計の数値を写メで撮影するようにしていました。

これならば、記録も残るし、ボタン一つで済むので楽なものでした。目に見える形で残すというのは、やはり有効ですね。

 

 

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑨

こんにちは、鳳紹院です。

 

さて、これまで食事面について書いてきましたが、本日は心構えというか

ダイエットにあたっての気の持ちようについて書きたいと思います。

ここで重要なことは、完璧主義にならないということです。
太るのでよくないものをすべて絶とうとするのは、極めて困難です。

 

そのため、

自分の中で優先順位をつけて、一定レベルの許容範囲を設けてあげるという事が重要になってくるかと思います。

 

私の場合、これが無意識のうちにできていたので、うまくいったのかもしれません。
この時期の半年分のレシートを保管していたので、改めて確認してみたところ、なるべく避けていたとはいっても、月に1、2回程度はハンバーガーを買っていたり、半年間で数回程度はカップのバニラアイスを買っていたりしていました。

“〇〇の紅茶は極力避ける。アイスもなるべく避けるが、多少は許容する。”というように、避けるものの優先順位をつけるという事です。


全面的に禁止するのではなく、多少の抜け道を残しておく。ということは精神のコントロール面で重要かと思われます。

 

目標達成について心理学的な観点から、こちらのブログでもより理論的に解説いただいているので、参考になるかと思われます。

http://aibou-coach.blogspot.jp/2017/02/blog-post_14.html


(つづく)

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑧

こんばんは。鳳紹院です。
 
それでは、よく食べていたものについて、見ていきましょう。
 
豆製品(納豆・豆乳・豆腐)
野菜(サラダ類)
きのこ類
ヨーグルト
コーヒー
お水・お茶
 
過去のレシートを見る限りでは、
多く出てくるものとしてはこんなところでしょうかね。
 
このころの平日の食事を振り返ってみると
 
【朝】
小さなマグカップにグラノーラと豆乳もしくは牛乳
ヨーグルト(ダ〇ンビオ)を食べていたような・・・。
 
【昼】
お弁当を買ってくるか、職場周辺で外食か、だいたいどっちかでしたが
割と食べたいものを食べていましたが
外食の場合、特に気を付けていたこととして、
ご飯の量を必ず少なめにする
 という点が挙げられます。
 
【夜】コンビニ飯が多かったです。
少し小さめのお弁当に、なるべくサラダ類か汁物を加える
冬場は一人分のあっためるだけの鍋物を買ってくる
 
たりないなあ・・肉がほしい・・というときは、たまにセブンで売っているからあげ棒を買っていたりしましたが揚げ物ですが、これはそこまで影響がなかったような気がします。だからといって食べすぎはもちろん厳禁です^^;
 
f:id:shouinhoo0314:20170605192259p:plain
 
 
 
振り返れば、上記のようなところにこだわっていたようです。
ところどころ補足する点がありますので、続きはまた・・・
 
(つづく)

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑦

こんばんは、だいぶ間が空きましたが、久々の更新です。

 

引き続き、食事について・・・

では、私が半年の間、どういったものを食べていたか、どういったものを控えていたかという点についてみてみたいと思います。

まず、控えたものです。

...

【控えたもの】
・市販のお砂糖たっぷりの紅茶
・ジュース
・菓子パン(そのほかカロリー高そうなパン)
・ファーストフード
・アイスクリーム
・洋菓子(ケーキ、プリン、ドーナツetc)

まあ、見るからにやめた方が良いものが続きますね・・・。
それまで、私、午〇の紅茶のレモンティーや、リ〇トンの紙パックの紅茶が何より大好きだったのですが、これは期間中はほぼ一切経ちました。(今でも飲まなくなっています。)

ただ、何よりもゼロにするというものは難しいもので、甘いものを食べたくなる時もあります。そこでわたしが取っていた方法が、代わりのもので代用するという手段です。

例えば、甘いものがほしくなれば
・洋菓子ではなく→和菓子
・普通の炭酸飲料→ゼロカロリーの炭酸飲料、野菜ジュース、果汁100%のもの
・プリン→ヨーグルト
・アイス→かき氷

甘いものがほしければ毎日カロリーがほぼない、寒天でも食べとけというような超絶ストイックな方もおられるかもしれませんが、私にはそれはとても持ちませんでした。

あと、例えば、どうしてもアイスが食べたい・・というときは、スーパーカップのバニラ味を買ったりするのではなく、ハーゲンダッツにしてみるなど、多少単価が上がっても良いので量が少なくなるものというようにしたりしていました。こうするとおなかにも精神的にも満足感もあって、良い気がしました。

まあ、この辺の気の持ちようの話は、後程詳しく書こうかと思います。

次は、よく摂取したものについて、書いていきたいと思います。

(つづく)

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑥

こんにちは、鳳紹院です。
本日もお読みいただきましてありがとうございます。

本日は、食事の面での取り組みについて書いていきたいと思います。

 

食事管理について


それでは、お待ちかねの食事面につい述べてみようかと思います。
食事面については、こだわった点が大きく3点ほどあります。


・1日の摂取カロリーをおおむね1500~2000以内に抑える
・1日に撮る脂質の量を50グラム以内に抑える
・野菜を増やし、炭水化物について、量を抑えるという点です。


ここは、割と基本に忠実に取り組んでいたのかもしれません


さて、どうやってカロリー計算していたのか?という点が気になる点かもしれません。

実際この時期、毎日自炊をするだけの時間的、精神的余裕はありませんでした。

そういう状況なので、夕飯についてはコンビニ飯になることが非常に多かったですが、それを逆手にとって、表記してあるカロリー表示を計算しながら食事をとっていたりしました。


外食でカロリー表示がないような場合も、“このメニューはだいたいどのぐらいのカロリー”というのは、そういうたぐいの本やネットで探せばわかるものなので、おおよそで目算しておりました。


裏を返せば、自炊しなくても減量は可能ということですね。

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法⑤

こんにちは、鳳紹院です。
本日もお読みいただきましてありがとうございます。

立ち読みで大きな気付きを得た鳳紹院でしたが、その後の成果やいかに・・?

 

 

新たなる運動

10月より、早速取り組んでみることにした鳳紹院でした。

先述の運動に加えて、食べてもいいもの、あまり食べないほうが良いものを頭の中で分類しながら、ダイエットに取り組んでみることにしました。

ここからは、運動面、食事面に分けて記載していくこととしましょう。

 

 ・あまり効果のなさそうなジムでのトレーニングは、いったん休止


 ・ジムはプールのみ使う(週1~2回程度)


 ・一日30分~1時間程度、無理のない範囲で走ったり歩いたりを繰り返す


ここで、ジムでのトレーニングについて、やめることを決めた理由として

“脂肪が乗ったままの状態で筋肉をつけてしまうと、逆に脂肪が落ちにくくなる”という記述を、ほかの本で読んだことによります。

ランやウォーキングによる有酸素運動で脂肪を燃焼させる方が、より効果的だと判断したのです。

f:id:shouinhoo0314:20170326160856p:plain

 

ラン+歩きは、だいたい夜仕事が終わって家に帰ってからなので、だいたい8時から9時以降というような感じでした。遅くなる日は無理に運動は行っていません。

最初5分くらい走って、あとは歩き、時折走り・・というようなイメージ。
たまにやる気がある日は、朝も同じことを30分程度繰り返していましたが、
寒くなってくるにつれて、夜のみに。

f:id:shouinhoo0314:20170321213614p:plain


プールはだいたい土日の利用で、最初水中ウォーキングを行った後に、30分程度泳ぐ
変に負荷をかけず、無理せず出来そうなものという事で、上記二つに取組みました。

 

体重管理で現状を常に把握


そうそう、本格的にダイエットを始めるに当たって、タニタ体組成計を買いました。その時々の体重を正確に把握しておくことが、デブ化への抑止力になると思ったからです

(このあたりは、岡田斗司夫さんのレコーディングダイエットと通じるところがあるでしょうか・・?)

Amazonの注文履歴を見ると、10月初頭に、早速購入しているようでした。

早速測ってみたら体重は先述の通り、体脂肪が25パーセント弱くらいで、肉体年齢が確か28歳で、実年齢を上回るという屈辱的な数値。BMIも28近くと、今思うとこれも写真にでも撮っておけばよかったですね。

 

 

 

半年で約15キロ、その後最終的に20キロ落としたダイエット方法④

 

こんにちは、鳳紹院です。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。意外とアクセス数が伸びているようで、驚いています^^

さて、本題に移ります。

 前話で、約2か月にわたるジム通いの効果が出ず、苦悩しておりました鳳紹院でしたが、果たして何か解決策は見つかったのでしょうか?

 

解決の糸口


それから一週間ぐらいたったある日、仕事帰りにコンビニに立ち寄り、いつものように色んな雑誌に目を通していた私ですが、ふと、置いてあった某雑誌(T〇rz〇n)を見つけました。ちょうどダイエットとランニング絡みと特集で、脂肪燃焼を高めるランニングや、太りにくい食事のとり方についての記事が載っていました。
要点は以下のような話です。


・血糖値を乱高下させないことが、痩せ体質につながる

・食事前の運動のほうが、脂肪燃焼効果が高い

・炭水化物を控える、多少の糖質制限が効果大

 

今となってはダイエットの基本要素をしっかり押さえた言い分ですが
この当時、私は糖質よりも脂質を控える方が大事だと思っていた節があり糖質制限という点をあまり意識していませんでした。

無知というものは怖いものです・・・。

 

f:id:shouinhoo0314:20170326155328p:plain

 
そして、運動をはじめて20分から30分しないと、脂肪燃焼が始まらないと俗に言われますが、食事前の運動30分程度の運動という事であれば決して不可能ではないので、これだと思い、早速取り組んでみることを決意したのであったのです。