JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

【鉄道の旅】⑨旅名人の九州満喫きっぷ

さてさて、だいぶん間が空いてしまいましたが、久々にお得情報を更新します。

 

本日は、“旅名人の九州満喫きっぷ”を紹介します

【きっぷの詳細】

・価格:おとな、こどもともに10,800円

・利用期限:発売日から3ヶ月以内で1人3回又は3人迄の同一行程グループが利用可
・年齢制限:なし
・発売箇所:JR九州の駅・旅行の窓口・九州内の主な旅行会社。

【利用できる区間

f:id:shouinhoo0314:20180417224738p:plain

出典:JR九州HPより http://www.jrkyushu-kippu.jp/fare/ticket/96

 

新幹線を除く九州内のJR、私鉄、第三セクター線、路面電車等ほぼすべての鉄道線が利

用できます。

 

JR九州北九州高速鉄道(モノレール)・平成筑豊鉄道門司港レトロ観光列車含む)・筑豊電気鉄道福岡市地下鉄西日本鉄道甘木鉄道松浦鉄道長崎電気軌道島原鉄道熊本電気鉄道熊本市電南阿蘇鉄道くま川鉄道肥薩おれんじ鉄道鹿児島市電

・新幹線、特急列車(西鉄除く)、南阿蘇鉄道トロッコ列車くま川鉄道の観光列車田園シンフォニーには乗車不可。(別に乗車券、特急券等が必要となります。)

 

青春18きっぷと同様に、基本的には普通列車しか乗車できませんが、九州内のJR・私鉄・第三セクター線などすべての路線に乗り放題となる点が、この切符の大きな特徴です。

一日あたり3,600円と、青春18きっぷよりは幾分割高ですが、通年発売かつ一枚でどの会社線も乗車できるというのは、かなりお得なのではないでしょうか・・?

 

特に、肥薩おれんじ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」にも座席指定券(大人1,400円、こども700円)を購入することで乗車できるようです。(但し、この場合は食堂車の利用はできませんが、売店等の利用は可能なようです。)

https://www.hs-orange.com/kankou/

参考:肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」より

 

5月の連休の時期などにも発売しているので、次のお出かけにはいかがでしょうか。

 

ではでは。

 

 

 

【鉄道の旅】⑧青春18きっぷでいかに安く北に行くか・・?

こんにちは、鳳紹院です。

さて、今回も青春18きっぷについてお得な活用方法をお伝えします。
今回は、北に向かうとすると、果たしてどこまで行けるのかをお伝えしたいと思います。

 

昨日もご紹介した通り
【北に行くには】
東北・北海道方面に向かうには、おおまかにいうと
①:東北本線をひたすら北上するルート(東北本線ルート)
②:仙台まで常磐線を使って、あとはひたすら北上するルート(常磐線ルート)
③:福島から奥羽本線を通って、秋田回りで北上するルート(奥羽線ルート)
④:高崎線上越線経由で新潟に抜け、羽越線を北上するルート(上越線ルート)
  の4つが考えられるかと思います。


では、本日は④の、日本海側を通るルートを考えてみましょう。

東京 05:01発 

 JR京浜東北線・大宮行

上野 05:08着 05:13発

 JR高崎線・高崎行
高崎 06:55着 07:12発
 JR上越線・水上行
水上 08:17着 08:24発
 JR上越線・長岡行
長岡  10:20着    10:27発
   JR信越本線快速・新潟行

新潟 11:27着    11:43発
   JR白新線・村上行
村上 12:57着   13:31発
   JR羽越本線・酒田行
酒田 15:56着   16:30発
  JR羽越本線・秋田行

秋田 18:19着  18:31発
  JR奥羽本線快速・大館行
大館  20:02着 21:20発
  JR奥羽本線・青森行

青森 22:50着

10回の乗り換え、17時間49分の旅です。

こちらは、全線JR東日本の管内なので、2370円以上の追加料金はかかりません。

 

三角形の二辺を回るようなルートになるので、時間がかかるかと思いきや、意外と前回の①のルートと変わらないのですね。

 

特に、羽越本線は夏場は村上~鶴岡間や、酒田~秋田間で日本海に沈む夕日の絶景を

延々と眺められるので、車窓を楽しむのにはよいかもしれません。

f:id:shouinhoo0314:20180308190222j:plain

景勝地笹川流れ付近

f:id:shouinhoo0314:20180308190211j:plain

村上付近で日本海に沈む夕日

f:id:shouinhoo0314:20180308190254j:plain

夏の日本海

f:id:shouinhoo0314:20180308190747j:plain

初夏の鳥海山

【この区間の要注意点】

このルートで旅する場合、区間ボトルネック水上~越後湯沢間になります。

この区間一日7本しかなく、特に、お昼の便は13時台の一本しかありません。

下手をすると水上で4時間待ち・・なんてこともありうるので、ここをどの列車で通過するかを決めたうえで、前後の乗る列車を決めていくのが良いと思われます。

 

いわて銀河鉄道のように割安ではないですが、高崎~越後湯沢間で新幹線を使うのも一考かもしれません。

 

www.instagram.com

 

 

 

【鉄道の旅】⑦青春18きっぷで安く旅する方法(北編①)

こんにちは、鳳紹院です。


さて、今回も青春18きっぷについてお得な活用方法をお伝えします。

今回は、北に向かうとすると、果たしてどこまで行けるのかをお伝えしたいと思います。

【北に最も安く行くには】

東北・北海道方面に向かうには、おおまかにいうと
①:東北本線をひたすら北上するルート(東北本線ルート) 
②:仙台まで常磐線を使って、あとはひたすら北上するルート(常磐線ルート)
③:福島から奥羽本線を通って、秋田回りで北上するルート(奥羽線ルート)
④:高崎線上越線経由で新潟に抜け、羽越線を北上するルート(上越線ルート)
  の4つが考えられるかと思います。

では、本日は①のルートを考えてみましょう。

例のごとく、東京駅を始発列車で出発したと仮定します。

東京04:45
 JR京浜東北線・大宮行
上野  04:53着 05:10発
 JR宇都宮線・宇都宮行
宇都宮 06:51着   06:59発
   JR宇都宮線・黒磯行
黒磯 07:49着 07:54発
 JR東北本線新白河
新白河 08:18着  08:21発
   JR東北本線・郡山行
郡山 09:03着 09:25発
 JR東北本線・福島行

福島 10:11着 10:40発
   JR快速仙台シティラビット3号・仙台行
仙台 11:56着 12:45発
  JR東北本線・小牛田行
小牛田 13:30着 13:43発
 JR東北本線・一ノ関行
一ノ関 14:29着 14:43発
 JR東北本線・盛岡行

盛岡 16:11着 17:04発
 IGRいわて銀河鉄道・八戸行
八戸 18:51着 19:35発
 青い森鉄道・青森行

青森 21:07着

f:id:shouinhoo0314:20180307224958j:plain

12回の乗り換え、約16時間半の旅と、これもまたなかなかしんどいものですね・・・。

今回は福島・仙台・盛岡と、大きな駅で比較的長めの乗り継ぎ時間が取れるので、ここで食料調達するなり、スタバにでも入るなり、ずんだシェイクでも買うなり、休憩できるかと思います。

 

あと、仙台以北を走っている701系という電車は、3両程度でしかも全席ロングシート(山手線とか通勤電車のような横一列のシート)なものが多いので、注意が必要です。シーズンには込み合いますし、駅弁でも食べようと思っている人には、少々食べづらいかもしれません。

f:id:shouinhoo0314:20180307224848j:plain

JR701系電車

一ノ関も長めに時間がとれますが、ここは確かニューデイズくらいしかなかったはずです。ただし、平泉も近いので、ここから中尊寺金色堂毛越寺をのんびりと観光して、奥州藤原氏の栄華を偲ぶのも、またよいかもです。

f:id:shouinhoo0314:20180307224936j:plain

中尊寺金色堂

f:id:shouinhoo0314:20180307224952j:plain

毛越寺

 

鳳紹院も昔、18きっぷで北上したことがありますが、一ノ関で1時間くらい乗り継ぎで待ったような記憶があります。

【実は別料金が必要な区間が・・・】

さて、聡明な読者のみなさまはお気づきかと思いますが、このルート、実は青春18きっぷでは乗れない区間が存在します・・・。

盛岡~八戸のいわて銀河鉄道区間はじつは、18きっぷでは乗車できず、別料金が必要となります。

f:id:shouinhoo0314:20180307225007j:plain

いわて銀河鉄道(盛岡駅にて)

 

※この区間は、昔は東北本線の一部だったのですが、2002年12月の東北新幹線盛岡~八戸間の開業と引き換えにJRから経営分離され第三セクター化されてしまったためです。

その一方で、2010年12月の東北新幹線の八戸~新青森の開業時に、同様に第三セクター化された青い森鉄道 八戸~青森間は、通過利用する場合に限って青春18きっぷで乗車できます。

f:id:shouinhoo0314:20180307225031j:plain

青い森鉄道(八戸駅にて)

※これは、途中の野辺地駅から下北半島に向かうJR大湊線が、JR線と接続が無くなってしまうための特例措置のようです。そのため、特例的に乗車できるようです。

【別料金を払うなら、実はもっとお得な方法が。】

いわて銀河鉄道を利用した場合、盛岡~八戸間 3040円 約1時間50分 となります。

実は、ここで、値段は+500円ほどで、わずか30分ほどで移動できてしまう方法があります。それは・・・・新幹線です。

f:id:shouinhoo0314:20180307224926j:plain

東北新幹線E2系

東北新幹線の盛岡~八戸間は、実は3500円で乗車できます。

なぜ安いのかというと、この区間は特定特急料金といって、通常と別建てな料金設定がされているため、加えて、いわて銀河鉄道の料金がJRと比べて割高という事情もあるためです。鳳紹院も昔この区間を旅した際に、時刻表を眺めながら、「あ、新幹線乗っても値段殆ど変わんないじゃん」ということに気づき、同区間は新幹線に乗りました。

 

このように費用対効果を考慮すると、新幹線や特急に乗った方が賢いという区間が、全国にはいくつかあります。こうした区間は、またいずれ紹介してゆきたいなと思います。 

 

www.instagram.com

 

【鉄道の旅】⑥青春18きっぷで安く旅する方法(西編)

こんにちは、鳳紹院です。

 

さて、今回も青春18きっぷについてご紹介します。前回は乗りトク区間を紹介させていただきましたが、今回は一日で果たしてどこまで行けるのかをお伝えしたいとと思います。

 

 【どこまで行けるのか・西編?】

さて、東京発でどこまで行けるのでしょうか?(時刻は2018.3.6時点)

東京駅から始発に乗ったと仮定して、 ちょっと調べてみました。

西に向かうとすると、以下のようなルートになるようです。

東京 04:55発
 JR横須賀線久里浜
横浜 05:26着 05:28発
 JR東海道本線・小田原行
小田原 06:21着  06:22発
 JR東海道本線・熱海行
熱海  06:45着  06:49発
 JR東海道本線・浜松行
浜松 09:19着 09:23発

 JR東海道本線・豊橋
豊橋 09:56着 10:03発
 JR東海道本線快速・大垣行 
大垣 11:31着 11:42発
 JR東海道本線・米原
米原 12:17着 12:20発
 JR琵琶湖線新快速・姫路行 
姫路 14:47着 15:03発
 JR山陽本線播州赤穂行 
相生 15:22着 15:25発
 JR山陽本線・糸崎行 
糸崎 18:04着 18:29発
 JR山陽本線・徳山行 
徳山 21:57着 21:59発
 JR山陽本線・下関行
下関 23:50着 23:51発
 JR山陽本線・小倉行

小倉 00:04着

 

まともに新幹線にのれば2万円近くかかる区間ですので、これを2370円で移動できるとすると、相当にお得です。しかし13回の乗り換え乗車時間は19時間9分(待ち時間込み)と、かなりの苦行のようです・・・。エコノミークラス症候群になりそう・・・。

 

ちなみに途中の豊橋で7分、大垣で11分、姫路で6分、糸崎で25分ほどの時間があるようです。糸崎以外では駅の中でなんか買うというぐらいの時間しかないでしょうね・・・。

途中駅で観光もしたいのであれば、どこかで一日滞在されることをお勧めします。

 

www.instagram.com

【鉄道の旅】⑤不思議な駅舎

こんにちは、鳳紹院です。

 

久々の更新になりますが、本日はちょっと視点を変えて、駅の話を

さてさてこの建物、何に見えるでしょうか?

 

f:id:shouinhoo0314:20180306191633j:plain

 

こちらは、福岡県久留米市にある、JR久大本線田主丸駅
久留米と大分を結んでいる、非電化ローカル単線の、どこにでもありそうな駅ですが、
なんと、駅舎がかっぱです。

なぜかっぱの形なのかというと
それは、この田主丸町がかっぱ発祥の地だからとのこと。
この近隣を流れる巨勢川においては、かっぱが泳いでいたとの伝承があるそうです。

そして、駅舎の中には、観光協会が入っており、
二階はかっぱの資料館となっているとのことです。

 

こういう風に不思議な形の駅は、全国に他にもいくつもあるので

また紹介してゆきたいと思います。

 

ではでは。

 

www.instagram.com

【鉄道の旅】お得情報④青春18きっぷ(乗りドク区間)

(さて、本日はご存知の方も多いはずの、『青春18きっぷ』について

解説したいと思います。

青春18きっぷとは?】

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席に乗車できる切符で、

価格は11,850円(おとなこども同額)で、定められた期間内の5日間使用可能です。

5日間の一人旅に使うもよし、

2日間の二人旅で使って、残り1日分は一人旅に使うもよし

5人での日帰り旅行に使っても良しという、使い勝手の良い便利なきっぷです。

 

【発売期間・利用期間は?】

2018年は以下の様な設定となっているようです。

(春)発売期間:2018年2月20日(火)~2018年3月31日(土)
   利用期間:2018年3月1日(木)~2018年4月10日(火)
(夏)発売期間:2018年7月1日(日)    ~2018年8月31日(金)
   利用期間:2018年7月20日(金)  ~2018年9月10日(月)
(冬)発売期間:2018年12月1日(土)  ~2018年12月31日(月)
   利用期間:2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木)

 

【利用に関しての注意点】

・グループで利用する場合は同一行程でのご旅行のみとなります。
・1回分でのでのこども2人利用は不可
・全国のJR線のほか、BRT(バス高速輸送システム、及びJR西日本宮島フェリーについても、乗れます。

特急、新幹線に乗車する場合は、特急券だけでなく、別途乗車券も購入する必要があります(18きっぷでは乗れません。)

・普通・快速列車のグリーン車についても、座席指定の列車の場合は別途乗車券も購入が必要になります。

このように、特急列車や新幹線には乗ることができないので、注意が必要です。

【乗りトクな区間

さて、基本的には普通列車にしか乗れないこの「青春18きっぷ」ですが、実は特急列車に乗ることができる区間が、全国に区間存在します

奥羽本線 青森~新青森

石勝線 新得新夕張

宮崎空港線 宮崎~宮崎空港

佐世保線 早岐佐世保

(※早岐佐世保間については、本年3月17日からの取り扱いとなります。)

 

f:id:shouinhoo0314:20180302120606j:plain

(青森~新青森間で乗車可能な特急つがる)

上記区間については、特急列車の普通車自由席に乗車できます(座れます。)

リクライニングの座席でゆったりできるわけです

f:id:shouinhoo0314:20180302120424j:plain

(新得新夕張間を走る特急スーパーおおぞら)

石勝線の新得新夕張間については、そもそも普通列車が走っていないのでこうした取り扱いがなされているようです

北海道新幹線開業以前は、青函トンネル区間蟹田木古内間)についても同様な特例の取り扱いの制度があったのですが、現在は制度が変わってしまい、さらに追加料金が必要となります。

 

ここで、1点注意が必要なのが、あくまで、上記区間内のみを利用する場合に限って

乗車可能という点です。例えば青春18きっぷ利用者が、札幌から新得まで乗車するような場合は、札幌から新夕張までの乗車券と特急券のみを買えば、残りの区間は18きっぷで乗車できるわけではありません。

この場合は、あくまで札幌から新得までの全区間の乗車券・特急券の購入が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

【鉄道の旅】お得情報③JR東海&16私鉄乗り鉄☆旅きっぷ

さて、

本日の乗りトク情報ですが、本日はこの切符を紹介したいと思います。

 JR東海というと、この手の乗り放題きっぷをめったに出さないイメージがありますが、最近はこんなお得なきっぷがでているようです。 

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/noritetsu-tabikippu/

JR東海ホームページより

【きっぷの詳細】

価格はおとな8,480円、こども3,490円

土・日・祝日の連続する2日間に使用可能(但しGW・お盆・年末年始は使用不可)

(※当日購入可能)

フリー区間内のおもな駅もしくはJR東海ツアーズで発売

 

首都圏在住の場合、東京駅や新横浜駅JR東海の窓口では購入できないのが少し不便ですが、熱海駅の新幹線窓口では購入可能なので、熱海まで在来線で乗車してそこで購入するのも一つの手です。

 【利用できる区間

JR東海エリア内の全線

・私鉄16路線
伊豆箱根鉄道 駿豆線(三島~修善寺) ●岳南電車(吉原~岳南江尾)
●静岡鉄道(新静岡~新清水) ●天竜浜名湖鉄道(掛川新所原)
遠州鉄道(新浜松~西鹿島)
豊橋鉄道(新豊橋三河田原、駅前~赤岩口・運動公園前)
愛知環状鉄道(岡崎~高蔵寺) ●東海交通事業 城北線(枇杷島~勝川)
三岐鉄道 北勢線(西桑名~阿下喜) ●養老鉄道(揖斐~桑名)
樽見鉄道(大垣~樽見)
近江鉄道(米原~貴生川・近江八幡多賀大社前)
明知鉄道(恵那~明智) ●長良川鉄道(美濃太田北濃)
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線(名古屋~金城ふ頭) ●伊勢鉄道(河原田~津)

(※特急券を別に購入すれば、フリー区間内の「ひだ」「しなの」などの特急列車は制限なく、熱海~米原間の東海道新幹線は「ひかり号」「こだま号」に限り4回まで乗車可能となります。)

 

回数制限付きですが新幹線にも乗車できるのと、ローカル私鉄にも乗り放題なのが

かなりお得なポイントかと思います。鳳紹院のように、乗り鉄をされたい方の場合は

非常に重宝するのではないでしょうか。

 

乗り鉄でなくとも、名古屋近辺や静岡在住の方が、エリア内の各地に行こうと思った場合は、1日は長野に行きもう1日は伊勢に行き、もしくは高山に行きといったことも可能となるので、かなり使い勝手が良いのではないかと思われます。

 

【実際にどのくらいお得になるのか?】

東京⇒名古屋間 で比較すると

・通常料金の場合

 往復20,720円(のぞみ号自由席利用の場合)

 ・今回の乗り放題切符を使った場合

 東京⇔熱海間は普通列車で往復3,840円となりますので、

 特急料金3340×2=6680円

8480+3840+6680=19,000円となり、時間が倍以上かかってしまうことを考えると

全くお得感はないですね。

 

しかし、飛騨高山や和歌山の新宮まで行くとなってくると、乗車券部分でかなりトクになるようです。

東京⇒新宮間 で比較すると

・通常料金の場合

15070×2=30140円

・乗り放題切符利用の場合

4840×2=9680円

8480+3840+9680=22000円と

時間が1.5~2時間程度余計にかかる点を気にしなければ8000円程度お得になるので、お得感はあると言えるでしょう。

 

旅の風景のインスタグラムはこちら。

www.instagram.com